◆ 日本液晶学会 液晶化学・材料研究フォーラム『接着技術』


モノとモノとを接合し、一体化するための材料である接着剤は、我々の日常生活において便利に使われているだけでなく、建築、自動車、航空機、エレクトロニクス、医療、宇宙など幅広い産業分野において必要不可欠な材料となっています.そして,異種材料接合に対する関心の高まりから,接着に関する講演会や展示会が数多く開催され,接着技術が大きな盛り上がりを見せています.また近年では,液晶性を有する接着材料も報告され,液晶の新たな応用の可能性が示されています.そこで本講演会では,接着材料の開発に携わっている先生方にご講演いただくことで,接着材料と液晶材料の関係を化学の観点から見つめ,新たな材料開発に関するヒントを得る場になればと考えています.


http://jlcs.jp/forum/chem/event/event2017_01.pdf

【日時】
 平成29年10月6日(金)13:30-17:00

【場所】
 大阪産業大学梅田サテライトキャンパス
 (大阪市北区梅田1-1-3 大阪駅前第3ビル19階)
 
http://www.umeda-osu.ne.jp/
【スケジュール】
 13:30-13:35 開会挨拶
 13:35-14:20 液晶接着:光で剥がせるライトメルト接着材料の開発
            (京都大学 齊藤尚平 先生)
 14:20-15:05 可逆接着剤および接着関連技術に関する研究(仮)
            (産総研 秋山陽久 先生)

 15:05-15:25 休憩
 15:25-16:10 結晶性高分子の接着の界面層評価と接着強度改善に向けた表面
         処理(仮)
            (神戸大学 松本拓也 先生)
 16:10-16:55 構造制御された反応性高分子を利用する機能性接着材料 (仮)
            (大阪市立大学 佐藤絵理子 先生)
 16:55-17:00 閉会挨拶
 17:30-19:30 名刺交換・懇親会(梅田駅周辺)

【参加費(講演会)】
 一般(正会員・賛助会員):\3,000円
 一般(非会員):\5,000円
 学生(会員):無料
 学生(非会員):\2,000円

※「賛助会員」は,一口につき5名まで会員参加費にて参加していただけます.
※なお,「賛助会員」の一覧は、下記でご覧いただけます.
※http://jlcs.jp/about/overview/CorporateMembers
※正会員・賛助会員の参加費は不課税、非会員の参加費は消費税込です.

【参加費(懇親会)】
 梅田駅周辺で開催予定
 会費は6,000円程度
 講師全員参加(予定)

【参加申込方法】
以下の項目について,講演会事務局宛にメール(※件名を参加申込(接着技術)
としてください)にてお申込みください.