◆ 平成29年度 産総研 材料・化学シンポジウム

『21世紀の化学反応とプロセス』
-- 機能性材料開発に寄り添う分析評価技術 --

ポスター発表

● アゾベンゼンの光異性化を利用した可逆接着剤の開発 伊藤祥太郎
● 光応答性液晶の光可塑効果が適用可能な高分子種の検討 小池澪夏
● 光応答性分散剤の開発 髙月かほり

2018年2月2日(金) 12:30-18:30 つくば国際会議場 中ホール300

http://unit.aist.go.jp/ischem/index.html